抜歯は最終手段です

今やコンビニの数よりも多いと言われている歯科医院。この東成区で人気の歯医者を探してみるともうここにわたしは子供の頃歯磨きが嫌いでサボるクセがあり、当たり前ですが虫歯が多くありました。虫歯治療が恐ろしくて歯科医院が大嫌いなのに歯磨きは嫌いという人間で、ぎりぎりの状態になってからやっと思い腰を上げるので治療が大変になるケースが多かったのです。東京の話題のおすすめする歯医者とはきっとそんな子供時代を反省し社会人となってからは定期検診まで受けるほど歯に対する意識が高くなり近所の歯科医院へ通うようになりました。その歯科医院は親子二代でやっていてわたしの治療は息子さんが担当することが多かったのですが、近くで話題の小児矯正を探すなら神戸からは愛想のひとつも言えない話し下手な先生で評判は・・・。最近歯の詰め物が取れたので利用したら、「今度取れたときは抜歯するので」と。いきなりの抜歯発言に面食らってしまったわたし。その医師はそう言い放ってパッと立ち上がってしまったので説明を求めると、「噛み合わせがずれているから何度詰めてもいずれはずれてしまうと思いますよ」と。予防歯科なら評判だと言われ東京のどこにもだからといって「次は抜歯」なんて宣言しなくても・・・。それが怖くてその歯科医院にはもう行かないと決めています。歯科矯正をこの芦屋で評判の歯医者では少しかかってもなるべく歯を残す治療をするのが歯医者としての使命じゃないかと思うのです。

Related Post

歯科医院の良し悪し歯科医院の良し悪し

50代の私は、幼少期から歯が弱くて虫歯になりやすいです。歯が痛くなると歯科医でかぶせもの(いわゆる銀歯)をしたり、インプラントを芦屋で探すとなると評判の話からは根の部分を治療したりを繰り返してきました。最近になって歯痛が […]