患者が押し掛ける歯科医とは?

先日、久しぶりに歯石を取りに行きつけの歯科医院に行きました。人気の歯医者を芦屋で探すとなるとここはからは毎回思うのですが私の行きつけの病院は、歯石取りの最中も終わった後もあまり痛くありません。以前、通っていたオフィスの近くの歯科医院は、効率を優先しているせいか、やたらと痛かった。東京で話題の根管治療をするならどうにも治療中にそのことを思いついたので、医師に「どうして歯石取りは痛いのですか」と聞いてみた。次のような回答が返ってきた。

「歯石取りが痛い」のひとつ目の原因は、歯周病による腫れや出血によるものだそうです。確かに腫れているということは、痛いわけだし、うがいした水に血が混じっていると「痛さ」を感じますようね。
二つ目の原因は、歯茎が下がっているからです。ここで歯医者を口コミで東成区でも今里からのこれも歯周病や加齢のせいで歯茎そのものが下がると、歯の根元は敏感なため水や風が当たったりすると痛みを感じます。
三つ目の原因は、長い期間、大量に歯に付いていた歯石を取り除くことで、歯の周りが敏感になっているからだそうです。

根管治療を話題の東京でするとなるとここでも「そうなのだ。でもそれじゃどうしてこの病院の歯石取りは痛くないのですか?」ということを聞く前に、歯石取りが終わってしまった。
帰宅後、家内にその話をしたところ、あの医師のポリシーだとう回答でした。「できるだけ、削らない、抜かない、痛くなく。」というスローガンを掲げて、いるようです。その芦屋で人気のホワイトニングを探したがどうにもあの歯科医院の歯石取りは、最小限のことで最大限の効果を出すようなに心がけているということですね。

Related Post

親知らず抜歯の失敗談親知らず抜歯の失敗談

ずきずきと痛む親知らずは早く抜いてしまいたいものです。あの歯医者を文京区で見つけるのはどんなになんてしかし、歯科医院のお休みはしっかり把握して治療に行かれた方がいいでしょう。なにも考えずに抜歯に行って失敗した体験談をお伝 […]