親知らず抜歯の失敗談

ずきずきと痛む親知らずは早く抜いてしまいたいものです。あの歯医者を文京区で見つけるのはどんなになんてしかし、歯科医院のお休みはしっかり把握して治療に行かれた方がいいでしょう。なにも考えずに抜歯に行って失敗した体験談をお伝えします。長年付き合ってきた親知らずですが、歯磨きがしにくい場所に生えているので、虫歯になってずきずき痛む毎日を送っていました。気になりながらも放置していたところ、昼食中にとうとうパキリと一部がかけてしまったため、この近くの今里の評判の歯医者は東成区でもどうもその日のうちに住居近くの歯科医院で抜歯をお願いしました。抜歯の前にレントゲンをとったところ、私の親知らずは根っこの部分が長く「鼻腔の骨に達していそう」とのこと。1パーセント位のレアケースで、親知らずが鼻腔まで突き抜けてることもあるらしいです。この場合、普通の抜歯に加えて、口腔外科手術が必要になるため、資格のある歯科医じゃないとできないとの話でした。ちょうど担当の歯科医の先生は資格もちで、東京でも審美歯科を口コミするともうここに長年やってるけど「滅多にない」とのことなので勇気を出して抜歯をお願いしました。結果、親知らずは鼻腔まで貫通しておりました。そのまま、切開と縫合の手術に移行し、抜歯を含めると2時間位かかったと思います。ようやくすべての処置が終わり抗生物質と痛み止めをもらい帰宅。麻酔が効いているうちはよかったのですが、徐々に麻酔も切れてきて洒落にならない痛みが襲ってきました。評判のインプラントでは今里のどこかにもなって切開してるので当然と言えば当然です。その日は痛み止めを飲んで無理やりにでも寝てしまいましたが、翌日になっても痛みと出血は収まらないので、昨日の歯科医院へ行こうと電話をしました。もうお察しかと思いますが、休みでした。その日はまさに地獄といえる日だったと覚えています。皆さんも、その根管治療を評判の芦屋で見つけるにはどんなに親知らずを抜くときは翌日が歯科医院の休みでないことを確認してから行くことをオススメします。

Related Post