歯科医院での親知らず抜歯について

過去に三回、歯科医院で親知らずを抜歯しました。セラミックで探す芦屋の歯医者さんは一回は大学病院、もう二回は街中の普通の歯科医院で、です。大学病院で抜歯した時は一番難しい抜歯で、親知らずが真横に生えてしまっていました。大学病院の先生が言うには麻酔も少し大目に使い、施術時間も予定より大幅に超過したとのことです。評判を歯根治療を東京の歯科医院でもと先生も途中で一度諦め、二回に分けようと思ったらしいのですが、結果的に一回で施術が終わりました。術後の経過は良好とは言えず、一週間ほど痛みが引きませんでした。二回目に街中の歯科医院で施術を受けたときは一回目ほど難しいものではなく、親知らずもまっすぐ生えていたので比較的楽に出来ました。が、評判の矯正歯科を東京でするならどうしてかは麻酔を挿すときの痛みが一回目よりも強く、少し難儀しました。術後の経過は一回目とほぼ同じで、一週間ほど痛みが続きました。三回目も街中の歯科医院で施術を受けましたが、この時は一度目に近い形で難しい抜歯であったにも関わらず、かなりスムーズに施術出来ました。口コミの根管治療を東京で行うとするには麻酔も全自動の麻酔であり、麻酔時の痛みも殆どありませんでした。術後の経過も前二回と比べるとかなり楽で、翌々日には痛みが殆ど引いていました。前後三回の施術を受けて感じたのは、あの歯医者をもし話題の文京区で見つけることは必ずしも大学病院での施術がベストとは言えないということです。

Related Post

抜歯は最終手段です抜歯は最終手段です

今やコンビニの数よりも多いと言われている歯科医院。この東成区で人気の歯医者を探してみるともうここにわたしは子供の頃歯磨きが嫌いでサボるクセがあり、当たり前ですが虫歯が多くありました。虫歯治療が恐ろしくて歯科医院が大嫌いな […]