歯医者での壮絶な根管治療

ひかない痛み

上の右側奥歯の痛みがなかなか引かず歯医者へ行きました。すると歯科医から歯の根っこに最近が入って炎症が起きていると言われました。その炎症をなくすには「根管治療」というものをしなければならず、歯医者が大の苦手な私は不安しかありませんでした。根管治療は一度の治療では完治しないので、何度かに渡って行いました。はじめは根っこに溜まった膿を取り除く作業をしました。これはあまり痛くなかったので、大したことなくて良かったと安心していました。でも治療が最終段階に入り、膿を取った部分に注射器のようなもので薬を注入するのですが、それが想像を絶する痛みでした。あまりに痛くて、歯医者で体が跳びはねてしまいました。こんなことは生まれて初めてでした。歯科医やスタッフが何度も「痛いですが頑張りましょうね」と繰り返していた意味がその時やっとわかりました。

続く痛みに悶絶

しかも痛みは帰宅してからもずっと続き、ロキソニンをずっと飲んでいました。食事は喉を通らず、痛みや疼きで夜中には何度も目が覚めました。あの一週間は私にとって地獄の日々でした。麻酔をしていても痛みがあるという状況が本当に怖かったです。それ以来、歯磨きを徹底して二度と根管治療にならないように努力しています。ヒアルロン酸は間接で間接腔満たす関節液などん含まれていて、関節の動きよくする潤滑作用、クッションみたいに衝撃吸収する効果があり、こうして人の体内にあるヒアルロン酸はネバっとしたムコ多糖類中水分保持する保水力、弾性にとても優れていて、体に行こうかもたらします。また、ヒアルロン酸は真皮の繊維芽細胞で生産されて、コラーゲンやプロテオグリカンと一緒に細胞外マトリクス形成することは知っての通りでしょう。

痛みを緩和する歯科治療

最近ヒアルロン酸表皮にあることがわかっていて、表皮で表皮幹細胞がヒアルロン酸生成してます。そしてこれが加齢によって減少すればヒアルロン酸表皮での精製減ってくるのが細菌研究でわかってるのです。一方で表皮の最も奥の基底膜の分解抑えて表皮のヒアルロン酸量が増加したりすることがわかりました。また、ヒアルロン酸は保水性、粘弾性が広く認められて医薬日に害に健康食品、化粧品などに使われています。医薬品として純度高いヒアルロン酸は関節機能改善薬などで利用されています。医薬品以外でその保水力の高さでヒアルロン酸は皮膚の潤い保つ入浴剤、保湿化粧水などスキンアイテムによく利用されていますので、何かと話題になっています。

PR|根管治療でおすすめの東京の歯科医院はクリニック専門コンサルタントが

クリニックラボクリニックの教科書病院ネット医療ナビ医療ラボ健康ナビクリニック集客ノウハウ病院ナビ病院ラボ病院の教科書クリニックナビ