お代は結構です

かれこれ20年前の話です。当時の歯医者さんは 芦屋で口コミの歯医者を探すにはどんなにしても今のようなおしゃれ?な感じではなく、歯医者=痛い、病院という感覚が強い、今も根本的には同様でしょうが 昔は 治療がメイン、今は 美容整形的なファッショナブルでセンスが高い系の歯医者が多い、実際 受付嬢はお顔で取ったでしょ?や 先生の趣味系だろうなと思えるような美人さんが並んでいるところが多いかと思います。このお話しの舞台は 20年前、まだ 街の歯医者、どちらかと言えば 高齢先生が多い時代です。そんなときのお話しです。もともと その東京の根管治療ではここが良いといっては歯が弱かった(虫歯が多かった)わたしは 奥歯はすべて 虫歯で銀歯、それでいて 歯並びが悪くやっかいな口の中です。そんなお口の中の環境で 親知らずの登場。噂では聞いていましたが 出て来ると結構厄介、しばらく放置していたところ 案の上 虫歯に。これもしばらくホッタラカシにしていたら とてもで無視できる状況にならず このお話しの舞台の歯医者さんへ行くことになりました。これが運の尽きです。かなりの痛みを覚悟しつつも 先生の風貌から見るに あの根管治療でも東京なんてどこからもきっと業界歴もながく また地元で長年の歯医者歴を見れば まず 間違いのない治療をしてくれるだろうと(思い込み)治療を受けました。なんせ 親知らず、また わたしは歯並びってもんが非常にわるく この親知らずも 根っこがひんまがっていてちょうど釣り針のように歯茎に引っ掛かっていました。歯の根っこの肉を切り 開き、ペンチのようなもので 歯を引っ張りますが 根っこが曲がっているので なかなか出てきません。絵で想像しやすい表現をしますと 先生が治療代に片足をひっかけ 患者の口に大型のペンチを突っ込み 力づくで引っこ抜こうとしている姿、わかります?地獄絵図ですよ。東京の予防歯科を口コミで見つけることはこんなにも時間が大方1時間ぐらい続き 先生が言った言葉が、「あかん」。えっ?あかんて???それから先生は近くの大学病院に電話をかけ これこれかくかくしかじかの状況で 緊急オペをお願いしたいと。え?このお口の状態で移動するの?それから 先生とタクシーに乗り込み 近くの大学病院の手術室に入れられ それから 最新鋭の設備で手術を受け 事なきを得ました。帰りのタクシーでの先生に 「先生、治療費ってどうしたらいいですか?」、先生「お代は結構です。」、そりゃそうですよね。芦屋の歯科医院で話題のホワイトニングをもうここでエライ目に会いました。その歯医者さんは 数年前に廃業成されたようです。

Related Post

痛くなかった歯石取り痛くなかった歯石取り

小学生の頃に通っていた歯医者さんでは、ホワイトニングをこの話題の芦屋で見つけるとは数か月ごとに歯石取りをされていました。先の尖ったちょっとまがった攝子みたいのもので、歯科衛生士さんが処置してくれるのですが、時々力が入った […]