糸切り歯を治療してもらいました

歯を磨いている時にふと鏡を見ると、もう東京でも根管治療 ができる右の糸切り歯の上の方に2~3ミリくらいの黒い塊があるのに気付きました。何の痛みもないのでそれまで全く気付いていませんでしたが、何度磨いてもとれないのでこれは虫歯ではないかと思い、地元の歯科医院で診てもらうことにしました。近くの神戸で評判の小児矯正を探すならここでなんて普段人から見える部分でもなく、先のように痛くもないので急ぐ必要は無かった為、予約をとって後日来院すると、やはり虫歯だと言われました。あまり虫歯になる歯ではないものの、歯茎に近いところなので、今里の話題の歯医者は東成区でもどこでもといって磨き残しによってできてしまうこともあるとのことでした。痛みがない状態なので、麻酔をすることもなく、ドリルのようなものでその部分を削り、セメントを塗ってもらって治療は完了です。幸いにも奥まで浸透している状態ではなかったので、治療の最中に痛いこともなく、思ったより簡単に終わったので安心しました。できる話題の根管治療では東京のどこが良いかなんては通院はその1回だけで済み、後から鏡で見ると、削ってセメントを塗った治療の跡がよく分かりますが、無理に口を広げなければ見える部分でもないので特に気にしていません。こんな所でも虫歯になってしまうことが分かったので、今里の歯医者なら東成区の中でもそんなになってはそれからは歯を磨く時には歯茎に近い部分まで注意して磨くようになりました。

Related Post